【超重要】面接で話すエピソードの考え方

 

こんにちは!!

 

 

ダイキです!!!

 

今回は、

面接で話すエピソード

に関して最低限のラインを紹介します!

 

これだけは絶対にやってほしい!

というレベルの準備です!

 

それは、

ESに書くエピソードに

関連するエピソードを2つ以上

考えることです!

 

f:id:td5123:20211101222548j:image

 

例)

ESに書くエピソード

「大学時代に周りを巻き込んだ」

 

準備する関連するエピソード

「中学時代に周りを巻き込む大切さを知った」

「高校時代に周りを初めて巻き込めた」

 

というように、

ESの内容を裏付けるようなエピソードを

用意できると、面接官の深掘りに難なく

対応することができます!

f:id:td5123:20211101222634j:image

 

さらに、

このように考えて準備していくと、

次第に自分の行動心理がわかるようになり、

自己分析にも繋がること間違いありません!

 

面接での質問に咄嗟に答えられない人や、

面接中にトンチンカンな答えを言ってしまう人などは、

特に効果的かと思います!

 

ざっと考えてみてオーソドックスなES内容は

ガクチカ

ガクチカ(困難乗り換えた系)

ガクチカ(周りを巻き込んだ系)

・就活の軸

・強み

・弱み

・成し遂げたいこと

 

この辺だと思います!

これだけでも、

それぞれに2エピソードを考えた場合、

14エピソードが完成しますね!!

 

何もないところからエピソードを

14個考えるよりも、

明らかに効率的且つ効果的です!!

 

ぜひ!

このフレームワークから

面接で話す内容を考えてみるといいのではないでしょうか!!

 

それでは!

 

さようなら!!!